早乙女三〇から八-

-「蛸壶やはかなき梦を夏の月。章鱼壶中梦黄粱,天边夏月。」

-大家好,我逻辑不好。

-小学生文笔,真是见笑了:)。

人世间,流浪人归,亦若回流川。


酷く疲れた几つもの颜が 车窓に并ぶ东横线の高架
车窗陈列著无数张极度疲倦的脸庞 在东横线的高架桥上
仆はと言えば幸か不幸か 道外れた平日の落伍者
对我而言该说是幸运还是不幸呢 格格不入的平日的落伍者
音沙汰ない友达と重ねる 若かった亲父を空想する
与音讯全无的朋友们重叠在一起 想像起年轻的父亲
河川敷を覆う黒い云が 暗くしたのは仆の行く末か
覆盖河堤的乌黑的云 所蒙上阴影的是我将走上的路吧
孤独と歩む创作の日々は ぬかるんだ道で途方に暮れた
孤独地步行在创作的每日之上 在泥泞不堪的道路上失去方向
迷子が泣き叫ぶ声にも似た 「愚にもつかない弱虫の賛歌」
跟迷路的孩子所哭喊出来的声音真像呢 「毫无价值的胆小鬼的赞歌」
そう后ろ指さされる事に むきになる己を耻と言うな
是的 对那些在背后所说的坏话感到愤怒的自己 别说感到羞耻
暗暗と生涯暮らすには 仆はもう沢山知りすぎた
对於在黑暗中度过生涯的我来说 知道的已经太多了啊

优しくされたら胸が震えた それだけの为に死んでもいいや
只要被温柔对待内心就会被撼动 只是为了那样而死也不错吧
本気で思ってしまった 笑ってよ 笑ってくれよ
万一认真的这麼想的话 请笑著 请你笑出来吧
うな垂れて覗き込む水溜り 映り込む泣き颜踏みつけたり
低下头窥伺著的水洼 踩进映照在那里面的哭泣的表情
上手くいかねぇもんなんだな 今日も土砂降り
无法好好度过的事情之类的 今天也下著暴雨
そういや いつかもこんな雨だった
对了 说起来以前也曾经有过这样的雨吧
そういや いつかもこんな雨だった
以前也有过这样的雨吧
そういや いつかもこんな雨だった
这样的雨
雨だった
这样大的雨

未来の话は嫌いだった だから约束もしたくなかった
讨厌关於未来的话题 所以也不想做什麼约定
久しぶりに电话をかけてきた 聡は酷く酔っぱらっていた
久违地打电话过来的聪 似乎醉得很厉害
何も変わらない地元讹り 泣きそうになる会话の端々
一点也没有变的乡音 变得好像快哭出来的对话的一切
马鹿な世间话をした后に 约束したんだ「行こうぜ饮みに」
进行了各种愚蠢的闲聊以后 约定好了「下次一起去喝酒吧」
がむしゃらに駆けた无谋な日々を 懐かしむだけの饰りにするな
别把过去那不顾一切奔驰的无谋的每一天 只当作是怀念的装饰
耻さらしのしくじった过去と 地続きの今日を无駄となじるな
也别将羞耻的失败的过去 与绵延不绝的今日责怪为无用
心が溃れた土砂降りの日に すがるものはそれ程多くない
在心情溃堤下著暴雨的日子里 能够依赖的东西并没有那麼多
だからあえて言わせてくれよ 未来は仆らの手の中
所以果断的对我说吧 未来就在我们手中
友达の约束を守らなきゃ それだけが仆の死ねない理由
必须遵守与朋友的约定 就只是这样成为我没有死去的理由
本気で思ってしまった 笑ってよ 笑ってくれよ
万一认真的这麼想的话 请笑著 请你笑出来吧
うな垂れて覗き込む水溜り 映り込む相変わらずな仆に
低下头窥伺著的水洼 对映照在里面的那个未曾改变的我
苦笑い一つ放り込む 今日も土砂降り
绽放出一个苦笑吧 今天也下著暴雨
そういや いつかもこんな雨だった
对了 说起来以前也曾经有过这样的雨吧
そういや いつかもこんな雨だった
以前也有过这样的雨吧
そういや いつかもこんな雨だった
这样的雨
雨だった
这样大的雨
悲観 楽観 交互に积み木崩し 振り返る度に痛む伤口
悲观 乐观 交互堆叠成的积木崩解 反覆疼痛的伤口
とうの昔に忘れたはずの笑い话
许久之前就该忘记了的笑话
乗るか反るか? 行くか戻るか? 雨か晴れるか? やるか止めるか?
是成还是败?是去还是回?是雨还是晴?是做还是弃?
胜つか负けるか? 立上がれるか? やり直せるか? 生きるか死ぬか?
是胜还是负?能振奋起来吗?能从头开始吗?是生还是死?
「やまない雨はない」「明けない夜はない」
「没有不会停止的雨」「没有不会破晓的夜」
とか言って明日に希望を托すのはやめた
说著这种话然后把希望托给明天之类的事情早就放弃了吧
土砂降りの雨の中 ずぶ濡れで走っていけるか?
在倾盆的大雨中 还能全身湿溽地持续奔走吗?
今日も土砂降り
今天也是倾盆大雨
そういや いつかもこんな雨だった
对了 说起来以前也曾经有过这样的雨吧
そういや いつかもこんな雨だった
以前也有过这样的雨吧
そういや いつかもこんな雨だった
这样的雨
雨だった
这样大的雨



评论

© 早乙女三〇から八- | Powered by LOFTER